社員の自宅をリフォームすることになりました。

屋根がボロボロになってしまい雨漏りしていたそうで、屋根のリフォーム業者もよく営業に来ていたほど・・・。

今回は、その屋根と外壁を中心にリフォームするそうです。

事務所から近いので、早速現場に行ってきました。

外観 

この住宅は築25年ですが、当時としては珍しい2×6工法で断熱もしっかりしてありました。

しかし、透湿する防水シートなど無かった時代だったので、

屋根の下地合板はアスファルトルーフィングでガッチリと覆われていました。

 

透湿ルーフィング協会による結露実験の結果を見ていたので

どんな状態になっているのかとても興味深々。

 

今までの屋根材、アスファルトルーフィングを撤去し、

その下の合板をはがしていきます。

解体作業

 

実際に見てみると、想像していたほどではありませんでしたが、

よーく見てみると、合板は色が変色し、波うってボロボロになっていました。

屋根合板

 

さらに、外壁をはがしてみると大変なことに!!

壁

壁_拡大

結露のせいか、はたまた雨漏りのせいか、

綺麗に見えた壁の中はボロボロ。

 

軒裏もご覧の通りです。 

軒裏

 

築後、何年も経っているのである程度は仕方のないことですが、

湿気や雨漏りの怖さを実感しました。

普段見えない部分ですが、

防水、そして透湿は、とても大切なことなんですね。

 

透湿防水シート

◆◇家の長寿命化に・・・透湿防水シート 今なら2~10%OFF◇◆

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930