» 2010 » 8月 » 4のブログ記事

森林認証材

| お役立ち情報 |

先日、日刊木材新聞のトップに「大手住宅会社、森林認証材を評価」という見出しでFSCロゴマーク

大手各社の木材調達の指針について記事が掲載されていました。

各社とも森林認証材*を評価しており、木材調達ガイドラインを策定し、

FSC*をはじめとする森林認証材を積極利用してゆくことを宣言しています。

現在ガイドラインを定めていなくても、今後予定がある場合がほとんど。

 

ただ、認証された森林から伐り出された「認証材」にそれ以外の材が混入しないような

徹底した管理が必要なため流通業者がCOC認証*を取得しているケースが少なく、

森林所有者が認証材として出荷できる体制を取っても、認証材として流通しにくいというのが現状です。

 

*森林認証材とは、木材の生産地(○○国○○市の※※山など)を正確に示し、環境に配慮し適正に管理されている

森林認証されたした森からきた木材のこと。

 

*FSCとは、世界各地で行われている無秩序な森林の伐採をくい止め、森林を適正に管理し、

永続的に保持することを目的とした団体「森林管理協議会」の略称。

この団体に認められた森の木のみに与えられるのをFSC認証材と呼びます。

 

*COC認証とは、生産・加工・流通のすべての過程で非認証製品と混在しないよう適切な管理が行われて

いることを証明する認証。(Chain-of-Custody 管理の連鎖の略)

認証を与えられれば製品にFSCロゴマークをつける事ができますが、

流通経路の一箇所でも認証を取っていない場合はFSCのロゴマークを付すことができず、

認証製品がその価値を失うことになります。

森林イメージ

 

実は、世界的に木材の伐採を禁じている森林から違法に伐採され

日本に入ってきている材料も多くあるようです。

ましてや盗木といわれる、勝手に伐採して盗み出した木材なども流通しているのです。

森林認証材を使う最大の魅力は、森林環境を守るということだけではなく、

木の出所がきちんと分かる合法な建築材料で家を建てられるということ。

つまり、お施主様にとっても安心できる家になるということです。

 

当社では地球環境の保護とより充実した住環境のために、FSC認証品を取り扱っております。

詳しくは 環境への配慮 をご覧ください。

カレンダー

2010年8月
« 7月   9月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031